グアムでセスナ操縦体験 スカイグアムアビエーション

グアムでセスナ172(N738AR)を操縦しました。スカイグアム利用の流れ、体験の様子を紹介します。

グアムでセスナの体験飛行を行っている会社は何社かあるようです。最初はトレンドベクターエビエーションにメールで問い合わせをしたのですが、全く返事がなかったのでスカイグアムアビエーションに切り替えました。

事前にVELTRAから「よくばり体験操縦(飛行時間60分) 」を申し込みました。費用は USD 290.00(32,950 円) 。

体験前日にグアムのホテルからリコンファームの電話をかけましたが、相手は日本語がわからず。なんとか意思疎通をして、予約確認を行います。

泊まったのは「アウトリガービーチリゾートホテル」ですが、送迎の待ち合わせ場所の指示は隣の「Dusit Thani Guam Resort」。宿泊場所とは違う場所を指定されることもあるようです。ディシュタニホテルのロビーで送迎を待ちます。

時間通り、送迎の男性がやってきました。バウチャーを渡して、グアム空港を目指します。

しばらくしてグアム空港に到着。旅客機が発着する区画とは、滑走路を挟んで反対側です。

店内へ。飛行前ブリーフィング。通常はグアム島1週のところ、島の南側のみのフライトとし、余った時間でタッチアンドゴーを1回させてもらえるようお願いしました。せっかくなら巡航より離着陸を繰り返したいですし。
省略した島の北側にはアンダーセン空軍基地があり、時期によってはF-22が展開していることもあるそうです。

エプロンへ出ます。

乗機。N738AR。

コックピットへ。機長席へ失礼します。パイロットは日本人の方です。安心。

航空管制やエンジンスタートから滑走路までのタキシングはパイロットがやってくれます。
滑走路に入ってから操縦桿を握ります。スロットルの操作もさせてくれました。
離陸速度に達すると操縦桿を引いてと指示があり、あっという間に離陸しました。
結構揺れます。

トリムやラダーの操作も基本的にパイロットがやってくれますが、飛行機ファンだということでそれらの操作も体験させてくれました。旋回釣合計のボールがなかなか中央にいかず、難しいです。

高度1500~2000フィート前後で島を周遊します。ちょっと目を離すとすぐに高度が変化するので、パイロットがトリムをうまいこと調整してくれます。

恋人岬やホテルロード、海軍基地、タロフォフォの滝を上空から見て空港へ戻ります。

RW6Rにタッチアンドゴー。
さすがに操縦桿の操作だけで精一杯だったので、スロットル、ラダー、そしてフラップなんかはパイロットが操作してくれました。


横風があったのでセンターからはずれましたが、フレアをかけて綺麗に着地できました。


すぐにスロットルを前回にして離陸、ホテルロード方向へ旋回して再びRW6Rに着陸しました。

滑走路からエプロンまではペダルを使ってタキシングもさせてくれました。
割りと、お願いすればいろいろ自由に触らせてくれるみたいです。

私は無線のレシーバーを持っていて、よく空港でATCを聞いているのですが、グアムの管制はうまく聞き取れませんでした。

エンジンスタートから駐機場へタキシングし終わるまで、アクションカムで動画を撮影しました。
自分で持ち込んだカメラをサンバイザーにグリップで固定して撮影。特に別料金などは取られませんでした。HDR-AS30Vとクリップ式三脚を使用しましたが、結構綺麗に撮れてました。