【搭乗記】AA27 ロサンゼルス-羽田 エコノミークラス

アメリカン航空 AA027 LAX-HNDのエコノミークラス(バルクヘッド)に搭乗しました。小松-羽田-ロサンゼルス-ラスベガスの往復が、税・サーチャージ込で81,120円という、アメリカまでの国際線としては格安のチケットでした。

AA145でラスベガスからロサンゼルスに到着。国内線から国際線への乗り継ぎですが、ターミナルの移動だけで再保安検査や出国審査などは不要です。

今回はトム・ブラッドレー国際線ターミナル(TBIT)からの出発でした。日によってはアメリカン航空専用のターミナル4からの出発となることもあるようです。

乗機はボーイング787-8 N803ALです。

ラウンジはこちらを利用しました。

ロサンゼルス国際空港 TBIT「Oneworld Lounge(ワンワールドラウンジ)」

2016.12.14

座席はこちらのエコノミークラス最前列。バルクヘッド席やその周辺は、足元が広い「メインキャビンエクストラ」となっています。通常は有料ですが、JAL JGC/ワンワールドサファイア会員は無料で指定できます。通路側8Dに座りました。隣の8Eは空席。

ただ、離陸後に後ろの方に座っていた中国人男性が、空いていた隣の8E勝手に移動してきました・・・。CAも特に注意せず。その上、横に座っていた日本人女性をナンパし始めました。もっと驚いたのは、その日本人女性がまんざらでもなさそうな様子だったこと。

話が逸れました。

こちらは8A、8B、8C。

配置は3-3-3。

バルクヘッド座席のモニターは足元から取り出します。離着陸時は使用できません。モニターにUSBポートがあり、スマホの充電ができます。

1度目の機内食。

2度めの機内食。まずくて食べれたものじゃありません。また、日本路線ですが日本語が話せるクルーは少なくともエコノミークラスには乗ってないようでした。そしてCAがぶっきらぼうです。日本並みのサービスを求めてはいけません。

羽田に到着した機材は、折返しAA26便となります。