海上自衛隊の哨戒ヘリSH-60L (XSH-60L)、エンジンテストを実施

2020年10月13日、開発中のSH-60K能力向上型「SH-60L (XSH-60L)」が三菱重工 小牧南工場のエプロンでエンジンテストを実施していました。名古屋空港のデッキから見える場所に現れたのは、10月1日に続き2回目です。

F-35A AX-22の初飛行を見送ってしばらくした午前10時ごろ、三菱重工 小牧南工場の敷地からSH-60L 8501がトーイングされてきました。

防衛装備庁の塗装で、厚木のUSH-60Kとよく似ています。USH-60Kと同様、大型のピトー管を装備しています。2020年から2022年にかけて、厚木で性能確認試験を実施する予定です。

USH-60K (2018年4月 NAF厚木基地 日米親善春まつり)

ほどなくして新造機のSH-60K 8469も出てきました。まだテールローターのあたりがエンジンのすすで汚れていません。並んでみても、60Lとの違いがやっぱりわりません。SH-60JとKはローターの先や窓の形等で容易に判別がつくのですが。60Kは77号機(8477)が最終で、以降はこの60Lに切り替わる予定。82XX,83XXなら60J、84XXなら60K、85XXなら60Lって判断しようと思います。

この日はローターを回していたものの離陸はせず。初飛行はいつになるでしょうか。